審査方法

IBインカレでは、事前に提出する「論文」と大会当日(本選)の「プレゼン」の2つの審査得点の合計で競います。

論文事前審査(70点)

・論文を事前に提出する
・別に定める評価項目に従い、各応募作を2名のレフリーが審査する。
・論文審査の得点は大会当日(プレゼン日)よりも前に参加者へ公表する。
・論文レフリーの資格は大学教員とする。

大会当日プレゼン(30点)

・別に定めるプレゼン評価項目に従い、大会当日に審査する。
・プレゼン審査は大学教員に加えて、院生、社会人で行う。
・大学教員以外の審査員の資格、持ち点については審査員数の過不足などの状況を勘案し、別途定める審査委員会において協議の上、決定する。

英語セッション

論文形式

・和文,英文のいずれかとし、英文で論文を提出した場合は,論文点に5点を上乗せする。
・この制度は英文での論文提出を奨励することを目的としている。

質疑応答について

・英語セッションでの質疑応答はすべて英語で行う。

評価項目

論文(70点:各項目10点×7)

1. 形式(「論文執筆要綱」の遵守)
2.文章・表現の適切性・分かりやすさ
3.研究の独創性
4.文献レビューの量と質
5.データの量と質
6.論旨の明確さ(論理的一貫性)
7.インプリケーション(理論、実務両面)

プレゼンテーション(30点)

8.プレゼンテーション(質疑応答含む)

表彰について

表彰と入賞について
・上位3チームを表彰する
・決勝進出の全チーム(8チーム程度)を入賞する。
・予選参加チームの中からも優秀なチームを表彰対象とする(論文賞、プレゼン賞)。
・優勝チームには毎年優勝チームにのみ与えられる優勝トロフィーを授与する。