小山ゼミナール

東京経済大学コミュニケーション学部 小山ゼミ

 

ゼミの指導方針
組織心理学・キャリア心理学を軸に、職場での異文化コミュニケーションなど、国際的なテーマについても取り扱います。仮説検証型の研究にしっかり取り組むことで、卒業後も仮説検証型の思考・行動ができて自己成長できる人材となることを目指します。

ゼミの活動全般
東京経済大学コミュニケーション学部では、2年生からゼミに所属できます。2年ゼミでは、基礎的な理論の学習に取り組みます。
3年ゼミでは、グループワークで実証研究に取り組み、論文を執筆します。そして、その成果をIBインカレで発表することを目指します。
4年生は、3年次に学んだ研究スキルをもとに、個人で卒業研究に取り組みます。
また、この分野における企業現場の実態を学んでほしいという思いから、ゲスト講義や企業訪問なども実施しています。

IBインカレに対する考え
もともと小山ゼミでは、3年次に実証研究による論文執筆にグループワークで取り組んでいました。研究成果を他大学のゼミ生の皆さんと共有し、フィードバックをもらえる場あると、さらに学びが深まると考えていたところ、IBインカレの出場の機会をいただき2017年度に初出場しました。
IBインカレは、研究手法の理解はもちろん、本質をつかむ力、そしてなにより努力と根気の重要性を学べる非常に貴重な機会だと感じています。

IBインカレで学生に期待すること
他大学のゼミとの「他流試合」から多くのことを学んでほしいと思っています。課題に感じることも多くあると思いますが、IBインカレに参加できたことで自信を持てることもあるはずです。IBインカレへの挑戦を通じて、人間的にも大きく成長することを期待しています。

小山ゼミへのリンク
https://www.koyama-phd.net/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E3%82%BC%E3%83%9F-seminar/